読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金子勝/成毛眞『希望のビジネス戦略』

books

おもしろい。経営者の何たるか、というのは、簡単だけど「どれだけ強く会社を大きくしたいと思っているか」ってことですよ、って。そりゃそうだが、それが難しい。
以下、メモ。

希望のビジネス戦略 (ちくま新書)

希望のビジネス戦略 (ちくま新書)

p.82

金子:経営者についてはどうですか。やはり、その人となりとか、戦略性とかを見るわけでしょう。
成毛:もちろんです。その人が会社を大きくしたいと思っているか、強くしたいと思っているか、よくしたいと思っているか。そういう意欲があるかどうかですね。たいてい、それが足りない。


p.97-98

成毛:正直言ってベンチャーは、お金持ちがやらないと難しい(笑)。ビル・ゲイツにしても、お金持ちの子女ですから。極貧の若いサラリーマンが、どこかからカネを借りてベンチャーを始めるなんていう話は、とてもじゃないが、信用できない。いま有名な会社の多くは、創業時には、ほかの仕事で儲けていたはずです。そうやって金を稼いで足腰をしっかりさせたところで、ベンチャーに乗り出していった。何もないところからでは難しいわけです。少なくとも、お金持ちをパートナーにするとか。(略)ですから、会社の経営者というものは、ある程度、ベースがないと難しいわけです。そこそこ倫理性がないと、会社の私物化が始まってしまう。